読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただびとのブログ

北陸に住む2児の父親が書く、日々の暮らしや子供との遊びをより楽しむヒント。きっと何かの役に立つかも。

金木犀の香り漂う秋と懐かしい気持ち

秋になると街のあちこちで金木犀(キンモクセイ)の花が咲く。

だいだい色の小さな花が集まって開き、なんとも表現の難しい香りがあたりに漂う。

キンモクセイの木に咲く花々。

f:id:tadabito:20140930061227j:plain

 

金木犀の香り

今日は仕事の途中、徒歩で公園のそばにある細い裏通りを通った。

流れる金木犀の香り。

見回すとオレンジ色の花々が満開のキンモクセイの木がある。

f:id:tadabito:20140930054159j:plain

 

昔からある建物や通りには結構植えられているが、最近の家で見かけることは少ないような気がする。

やっぱりその匂いが強いのと、好き嫌いがわかれるのが原因だろうか。

個人的には好きな香り。

人によっては、昔よくあったトイレの芳香剤を思い出す、といって嫌がる人もいた(さわやか何とか、っていう)。

 

懐かしい気持ち

僕はこの金木犀の香りを感じると、何となく懐かしい気持ちになる。

懐かしいといっても風情のある思い出ではなく、なぜか小学生の頃に当時の家でファイナルファンタジー3というファミコンゲームをやっていたということを必ず思い出す。

広い世界を冒険している感じと音楽がよかった。

ファイナルファンタジーIII

ファイナルファンタジーIII

 

 

何でだろう。

匂いが引き金になって記憶を呼び起こすのかなぁ。