読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただびとのブログ

北陸に住む2児の父親が書く、日々の暮らしや子供との遊びをより楽しむヒント。きっと何かの役に立つかも。

幼児用ひらがなかるたでの遊びと効果

この前、朝早く起きた下の子がきゅうに「かるたがしたーい」と言い始める。

棚に置いてあるカルタの箱をひっぱり出し、「おとうしゃーん、はやくこっちきてー」としきりに誘うので、僕は朝の作業を中断し、2人でかるた遊びを開始することになった。

ちなみにうちにあるのは、スマイルプリキュアがデザインされた「セイカのかるた」。

けっこう前に購入した幼児用でひらがなのもの。

f:id:tadabito:20150627170114j:plain

 

幼児用のひらがなかるたで遊ぶ

下の子は3歳で、今のところ大体のひらがなは読め、自分の名前などちょっとだけは書けるという状態。

さすがに長い文章は読めないので、必然的に僕が読み手になる。

f:id:tadabito:20150627180048j:plain

 

すると取り手は下の子1人だけになるから、相手と枚数を競う勝負形式にはならないんだけど、読まれた文字を懸命に探して「はい!」といいつつパチンと札を取るのが楽しらしい。

「おとうしゃんもとっていいよ」と言われるのだが、読み手だから当然次に読む札の中身もわかっているし……。

f:id:tadabito:20150627180141j:plain

 

子供のかるた遊びの効果

幼児用のひらがなカルタなので、もちろんひらがなを覚える効果的な勉強かと思う。

似たような文字もいろいろあるから、繰り返せば見分ける訓練になりそう。

一生懸命に取り札を探すので集中力も磨かれるように感じるし、瞬発力も身につくんじゃないかな。

お正月だけ遊ぶのでは、もったいないような効果のある気がした。

f:id:tadabito:20150627181219j:plain

 

最後に

終わった後は2人で読み札・取り札を揃えて箱にしまって片づけた。

下の子は、家でなかなか片付けをしっかりしないほうなんだけど、この日はすんなり。

ひらがなかるたで楽しく遊び、十分満足したのかも知れない。

めでたしめでたし。

 

ひらがなパーフェクトかるた

ひらがなパーフェクトかるた

 
ぐりとぐらかるた

ぐりとぐらかるた