ただびとのブログ

北陸に住む2児の父親が書く、日々の暮らしや子供との遊びをより楽しむヒント。きっと何かの役に立つかも。

自動車保険を楽天で一括見積もり比較し安いのに乗り換え

この前、うちの車のバッテリーをガソリンスタンドで交換してきたんだけど、この車にかけてある自動車保険の更新時期が近づいてきた。

これはそのバッテリー交換について書いた日記。

tadabito.hateblo.jp

 

満期は今年(2016年)2月で、保険代理店から継続プランの案内が届く。

これまで契約期間が3年間の自動車保険に入っていて、保険料は月に4,000円強。

案内を見ると、更新後も金額はあまり変わらず、年間にして50,000円台前半の保険料とのこと。

35歳以上で今まで何とか無事故無違反だし、夫婦限定だからもう少し安くならないもんかと思って、一度車の保険を一括見積もりしてみることにし、比較して安い保険料の会社に乗り換えを検討してみた。

 

自動車保険を楽天で一括見積もり

車の保険の一括見積もりを行っている会社のサイトはたくさんあるのだが、今回僕が最初に選んだのは楽天の「楽天自動車保険一括見積もり」。

 

比較する保険会社は最大8社(アクサダイレクト、アメリカンホーム、イーデザイン損保、SBI損保、セゾン自動車火災保険、ソニー損保、チューリッヒ、三井ダイレクト損保)と他に比べて少なめだけど、楽天スーパーポイントのプレゼントがもらえるのが選択した理由の一つ。ちまちまとためているので。

tadabito.hateblo.jp

 

一括見積もりの情報入力には、運転免許証、車検証(自動車検査証)、現在契約中の自動車保険証券を準備する。

項目にしたがってポンポンと進めていく。

 

比較して安い保険料の会社に乗り換える

入力する項目が意外と多くて時間がかかるんだけど、入れ終わって送信するとすぐにメールで各保険会社からの回答が次々に届く。

会社によって保険料は2万円台、3万円台、4万円台とばらばら。

数日すると今度は各保険会社から三つ折のはがきで案内状が郵送されてきた。

f:id:tadabito:20160121145211j:plain

 

自動車保険の一括見積もりのデメリット

メリットは車の保険の一括見積もりを行っている会社のサイトに様々書いてあるとして、デメリットとしてはやたら沢山の郵便物が届くところと、多くの会社に自分や自動車に関する詳細な情報を差し出さなければならないところか。そのおかげで無料で見積もりしてもらってるんだけど。

あと、電話での勧誘はどこからもなかった。

今回の満期日を知らせたから、もしかしたら来年のこの時期に何か宣伝が届くってこともあるのかも知れない。

 

最後に

ちなみに僕の場合は、比較するとSBI損保の保険料が一番安い金額になったので、そこで乗り換える準備を進めている。

自動車保険の一括見積もりを使えば、一社一社個別に見積もりをとったり電話したりする手間が省けるからたしかに便利。

デメリットにそれほどこだわりがなければ、検討するとっかかりとしていいんじゃないかと思った。