読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただびとのブログ

北陸に住む2児の父親が書く、日々の暮らしや子供との遊びをより楽しむヒント。きっと何かの役に立つかも。

やけどの処置、ひかない痛みを水で冷やすこと1時間

健康

久しぶりにやけどをした。場所は手の親指。

夕食にラーメンを調理していて、指先に熱湯をひっかけてしまった。

さらには、驚いてどんぶりをひっくり返し、お湯が床に散乱。

幸いにもジャンプで回避する。

すぐにやけどの処置をと思い、とりあえず手を水で冷やし始めた。

f:id:tadabito:20150730015729j:plain

 

やけどの処置

指先の1箇所だけで、ひどい状態のやけどではなかったので、さっそく水で冷やす処置。

どんぶりに氷を浮かべて手をつける。

やけどの痛みというより、冷たくて指がキンキンになるので休み休み。

 

やけどはいつまで水で冷やすか

手を水で冷やしながら「いつまでこうしてりゃいいんだろう」と思いつつ、皮膚科のサイトを調べていると、流水などで30分程度と書いているところが多かった。

指を水から出してしばらく経つとまだじんじん痛い。

なかなか痛みがひかないので、結局だいたい1時間水で冷やすことになった。

 

結果は

素早くやけどの処置に入り、徹底的に水で冷やしたからか、水ぶくれとならずに済み、触った時に多少違和感はあるが、痛みはほぼ無くなった。

今回はやけどの場所が小さかったからいいけど、広範囲に渡ったり、傷がひどい状態なら無理せず医者にかかったほうがいい。

ラーメンとはいえ油断は禁物。こんなときに限って冷凍庫に氷がなく、やけどにも備えが必要だと思った。