読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただびとのブログ

北陸に住む2児の父親が書く、日々の暮らしや子供との遊びをより楽しむヒント。きっと何かの役に立つかも。

砂浜を車で走れる、石川県の千里浜なぎさドライブウェイにて

f:id:tadabito:20161014221617j:plain

ちょっと前に仕事で能登へと出かけた帰り道、ふと思い立って「千里浜なぎさドライブウェイ」に立ち寄った。

金沢から能登半島へは「のと里山海道」という自動車専用道路を使って行くことが多いんだけど、千里浜(ちりはま)はその途中下りた辺りに広がる、石川県でも有名な海岸。

夏には海水浴場になるのだが、千里浜なぎさドライブウェイは車で走れる砂浜としてもよく知られている。

この日は好天で、穏やかな潮風が心地よかった。

 

石川県の千里浜なぎさドライブウェイは車で走れる砂浜

千里浜なぎさドライブウェイは、石川県の宝達志水町から羽咋市まで続く、全長約8kmに渡る自動車で走行できる砂浜。

羽咋市のウェブサイトによれば日本で唯一だそう。

 

基本的には一年中走れる

僕が寄った当日は「通行可」。

季節による通行止めはなく、基本的には一年中走れるんだけど、波が高い日には閉鎖されることもある。

f:id:tadabito:20161015072314j:plain

 

通行できるかどうか事前に調べるには「石川みち情報ネット」から。

 

砂浜を自動車で通行できる理由は

車で走れる砂浜といっても、波打ち際や、あまりに海岸から離れた砂地を走行するのは危ない。

f:id:tadabito:20161015073215j:plain

 

砂がよく締まった真ん中辺りを走ることになる。

https://www.instagram.com/p/BLi6qD9Aki3/

石川県の千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイは車で走れる砂浜。#千里浜 #千里浜なぎさドライブウェイ

 

砂浜を自動車で通行できる理由は、千里浜の砂は粒がとても細かくて、海の水を吸うと土のように固くなるから。

手のひらでポンポン叩くとしっかりした感じ。

f:id:tadabito:20161015074546j:plain

 

看板では「千里浜なぎさドライブウェー」

千里浜なぎさドライブウェイの途中には看板。

看板だと「千里浜なぎさドライブウェー」になっている。日本語、英語、韓国語、そして中国語で説明が書かれていた。

f:id:tadabito:20161015080200j:plain

 

看板のそばにはトイレ。

f:id:tadabito:20161015080513j:plain

 

海を眺めながらドライブするのは楽しい

千里浜なぎさドライブウェイの路肩に車を停めて少し海を眺める。

f:id:tadabito:20161015101036j:plain

 

車窓からでもこんな近くに海が。

f:id:tadabito:20161015101050j:plain

 

波打ち際。

f:id:tadabito:20161015101122j:plain

 

砂浜の道はずっとまっすぐに続いている。

f:id:tadabito:20161015101142j:plain

 

千里浜のカモメ

自動車で走行しているとしばしばカモメの群れを見かけた。

f:id:tadabito:20161015101201j:plain

 

別の写真を拡大してみたもの。実にカモメ。

カモメに見られながらドライブできるのも、ここならではかも知れない。

f:id:tadabito:20161015101219j:plain

 

最後に

日本でも貴重な車で走れる砂浜、石川県の千里浜なぎさドライブウェイ。

ただここ20年ほどは毎年約1mずつ海岸線が後退しているそうで、温暖化による海面上昇もその一因らしい。

再生するための活動が行われており、千里浜がある羽咋市のウェブサイト上のバナーから情報を確認できる。