ただびとのブログ

北陸に住む2児の父親が書く、日々の暮らしや子供との遊びをより楽しむヒント。きっと何かの役に立つかも。

ひゃくまんさんは新幹線に乗れないけど

この間、地元のイベントで生の「ひゃくまんさん」に初めて出遭った。

ひゃくまんさんは石川県公式のゆるキャラで、北陸新幹線開業をPRするため2013年に誕生。

金沢の金箔をはじめ石川の伝統工芸が施されており、その豪華絢爛さでは他のゆるキャラの追随を許さない。

ひゃくまんさんの後ろ姿。

https://www.instagram.com/p/BL4fe-4A8gV/

ひゃくまんさんの後ろ姿は。#ひゃくまんさん

 

ひゃくまんさんは新幹線に乗れないけど

ひゃくまんさんは加賀八幡起上りという人形をモチーフにデザインされていて、横幅がけっこう大きい(約130cm)。

そのため、2015年の開業時、新幹線に乗れないっていうアクシデントがあったんだけど、それもまたご愛嬌。

今もいろいろなイベントに出演して石川県を宣伝している。


ユーミン作曲!いしかわ百万石物語~ひゃくまんさん小唄~

 

ひゃくまんさんなら子供も安心する

発表された当初は「かわいくない」とあまり評判の良くない声も聞かれたが、見慣れてくると、とぼけた表情が可愛らしくも感じる。

実際に出遭ってみると、手足がピコピコ動いて歩くのもゆっくり。だるまさんのように転がってしまいそうなので、そばにお付の者を(石川県の職員さん?)を従えていた。

一般的な着ぐるみって割と素早くて、動きが読めないからか、小さな子供の中には怖がる子もいる。

うちの下の子もその部類なんだけど、ひゃくまんさんはそんな感じだからか、安心して近づけたようだった。

 

その日はひゃくまんさんのエア遊具(中に入ってトランポリンのように遊ぶ、ふわふわの遊び場)も出ており、わが家の子供たちも中で楽しそうに跳ね回る。

https://www.instagram.com/p/BLm6R2DAmTg/

ひゃくまんさんの大きなエア遊具。#ひゃくまんさん

 

ひゃくまんさんは新幹線に乗れないけど、いろいろなところにデザインされているので、石川県に来たらぜひ探してみて欲しい。