読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただびとのブログ

北陸に住む2児の父親が書く、日々の暮らしや子供との遊びをより楽しむヒント。きっと何かの役に立つかも。

なぞなぞえほんで子供と遊んだ

子育て 買ってよかったもの

昨年(2016年)末、うちの下の子(5歳)に本を2冊買った。

福音館書店が発行している「なぞなぞえほん」というなぞなぞの絵本で、作者は「ぐりとぐら」シリーズでよく知られる中川李枝子さん(文)と山脇百合子さん(絵)。

書店にちょうど置いてあった「2のまき」と「3のまき」を購入した。

なぞなぞえほん〈2のまき〉 (日本傑作絵本シリーズ)

なぞなぞえほん〈2のまき〉 (日本傑作絵本シリーズ)

 
なぞなぞえほん〈3のまき〉 (日本傑作絵本シリーズ)

なぞなぞえほん〈3のまき〉 (日本傑作絵本シリーズ)

 

 

なぞなぞえほんはどんな絵本か

この「なぞなぞえほん」は「1のまき」を合わせて3冊セットにもなっている。残念ながらその日は見つけられず。

なぞなぞえほん〈1のまき〉 (日本傑作絵本シリーズ)

なぞなぞえほん〈1のまき〉 (日本傑作絵本シリーズ)

 

 

福音館書店のサイトによると読み聞かせなら「4才から」、自分で読むなら「小学低学年から」とのこと。

ハードカバーで本のサイズは12~13センチの正方形とコンパクト。幼児の手にも持ちやすいし、ちょっとした外出で持ち歩くのにもいい。

文章は漢数字を除いてはひらがなとカタカナで書いてあり、見開きの右ページになぞなぞの問題が、左ページに答えに関係する絵が配置されている。

文も絵もやさしく、読んでいて何だかほっとする絵本。ふつうに絵本としても楽しめるし、なぞなぞの本としても面白い(数えたら1冊に27問)。

ぐりとぐらもたまに登場。

 

なぞなぞえほんで子供とのんびり楽しく遊んだ

年始にこの「なぞなぞえほん」を祖父母の家に持って出かけ、下の子と祖父、僕とでなぞなぞ遊びをした。

5歳の子供にはちょっと難しい問題もあったけど、ヒントも出しつつ。「つぎは~」「つぎは~」と言ってなかなか終わらないほど楽しめた。

 

感想

「なぞなぞえほん」は可愛らしいコンパクトな絵本で、持っているだけでも何だか嬉しい気持ちになる。

1のまきと2のまき、3のまきの3冊セットはプレゼントにもいいと思う。

なぞなぞえほんセット ― 1のまき,2のまき,3のまき (日本傑作絵本シリーズ)

なぞなぞえほんセット ― 1のまき,2のまき,3のまき (日本傑作絵本シリーズ)