読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただびとのブログ

北陸に住む2児の父親が書く、日々の暮らしや子供との遊びをより楽しむヒント。きっと何かの役に立つかも。

すみだ水族館でクラゲ・ペンギン・光るわたあめ、そして感想

ゴールデンウィークに家族で東京へと旅行した話の続き。

下は前回のエントリー。

tadabito.hateblo.jp

 

1日目はスカイツリーに出かけたのだが、その下の建物(ソラマチ)の5階と6階にある「すみだ水族館」にも立ち寄った。

うちの下の子が「ペンギンがみたい」というので。

www.sumida-aquarium.com

 

すみだ水族館に入って受けた印象と感想

入場して個人的に受けた印象と感想を書く。

すみだ水族館に入って感じたのは、一般的な「水族館」ではなく、都会的で近代的な「美術館」「アート空間」という雰囲気。

生き物の名前や生態を書いたパネル(水族館でよく見かける)のようなものはあまりなく、生き物(と生き物のいるその空間)を魅せることに力点を置いているように感じた。

また、水族館独特の匂いはなく、香りも工夫しているのかなと思った。

 

クラゲを見て笑う

すみだ水族館に入ってはじめに近いあたりに、幻想的に漂うクラゲの展示があった。

色々な種類のクラゲが泳ぎ、大きいものから小さいものまで様々。

ふわふわ浮かぶクラゲが面白いのか、下の子がなぜかケラケラと笑う。

大きなクラゲのかさの形を見て「ボタンみた~い」と言っていた。

f:id:tadabito:20150509001822j:plain

 

 

光る水槽で泳ぐペンギンたち

ペンギンの水槽でちょうど「ペンギンキャンディ」というイベントがあり、カラフルな光で演出された水の中をペンギンたちが泳いでいた。

うちの子供たちは「ペンギンがこっちを見た~!」と言い、水槽にかじりついて覗き込む。

f:id:tadabito:20150509002404j:plain

 

カンロ うなだれペンギンキャンディ 65g×6袋
 

 

光るわたあめに驚く

僕の母が面白いものを見つけたと言って、孫たちに買ってきたのが「光るわたあめ」。

すみだ水族館の「ペンギンカフェ」というところで売っていた。

光源の入った棒に綿菓子を巻きつけたもの。

こんな感じ。

f:id:tadabito:20150509002704j:plain

 

ちなみに光るわたあめを食べた後の棒がこれ。

f:id:tadabito:20150508082445j:plain

 

黒いボタンを押すと、中に入ったLEDライト(たぶん)がピカピカと点滅する。

おもちゃが一つ増えた。

f:id:tadabito:20150508082458j:plain

 

 

最後にまた感想

すみだ水族館には他にも色々な展示があって、子供たちも楽しんだ様子。

水族館なんだけど、生き物のいる美術館という感じでもあった。

こういうところは僕の住んでいる辺りにはないので、貴重な体験だったと思う。

 

今週のお題「ゴールデンウィーク2015」