ただびとのブログ

北陸に住む2児の父親が書く、日々の暮らしや子供との遊びをより楽しむヒント。きっと何かの役に立つかも。

マシュケナダの意味。オリジナルとカバーとおばさんと

今年、個人的にブームな音楽が「マシュ・ケ・ナダ(Mas Que Nada)」。

オリジナルは1960年代にブラジルで流行ったボサノヴァの楽曲なんだけど、様々な国の歌手がカバーし、少し前には自動車のCMにも使われていた。


【シエンタ】イメージムービー

 

GoogleアンケートモニターというAndroidアプリでちょこちょことアンケートに回答し、報酬のGooglePlayクレジットがけっこう貯まったので、マシュケナダをダウンロード。音楽を購入するのは本当に久しぶり。

tadabito.hateblo.jp

 

マシュ・ケ・ナダ(Mas Que Nada)の意味

タイトルのマシュケナダは、当時の地元のスラングで「おい、どうしたんだよ」という意味らしい。

僕はときおり、昔流行した洋楽を聴くのだが、単純に曲調や雰囲気で楽しんでいることがほとんど(あまり意味は分からないまま)。

マシュ・ケ・ナダ(Mas Que Nada)についてもそう。

 

オリジナル、ジョルジ・ベン(Jorge Ben)のマシュケナダ

僕がGooglePlayストアで買ったのはオリジナルの楽曲で、作曲したジョルジ・ベンが歌っているマシュ・ケ・ナダ。

上のCM動画に使われているカバーも軽快でいいんだけど、オリジナルはジョルジ・ベンの伸びのある歌声が心地よい。

Mas Que Nada

Mas Que Nada

  • アーティスト: Manuel Gusmao, Pedro Paulo, Luis Carlos Vinhas, Dom Um Romao Jorge Ben feat. J.T. Meirelles
  • 出版社/メーカー: Lilith Records
  • 発売日: 2014/04/20
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

セルジオ・メンデス(Sergio Mendes)のカバー

f:id:tadabito:20160730080042j:plain

マシュケナダは1966年にセルジオ・メンデスがカバーし、世界的に知られるようになった。

今でもよく耳にするアレンジはこの楽曲で、上の自動車のコマーシャルに使用されているのもこれ。

Mais Que Nada

Mais Que Nada

  • セルジオ・メンデス&ブラジル’66
  • ブラジル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ザ・ピーナッツのマシュ・ケ・ナダ

日本でもたくさんの歌手がカバーしているが、最近ニュースで名前を聞いたザ・ピーナッツも歌っている。

ピーナッツらしい作品で、個人的にはこれも好き。

フィーリン・グッド~ピーナッツの新しい世界(紙ジャケット仕様)

フィーリン・グッド~ピーナッツの新しい世界(紙ジャケット仕様)

 

 

由紀さおりのカバーも

アメリカのジャズオーケストラ、ピンク・マルティーニと、由紀さおりとがカバーしたバージョン。

日本語の歌詞をつけ、大人っぽいムードで歌われるマシュケナダ。


Pink Martini&Saori Yuki - マシュ・ケ・ナダ / Mas que nada

マシュ・ケ・ナダ

マシュ・ケ・ナダ

  • 由紀さおり & ピンク・マルティーニ
  • 歌謡曲
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

子供たちからはおばさんの歌と

歌詞の「オバオバオバ」の部分が耳に残るからか、子供たちからは「おばさんの歌みたい」との声。

先日は車の中でマシュ・ケ・ナダをかけつつ家族で出かけたら、お昼の外食先や、その次に向かったショッピングセンターでも、それぞれ違うカバーの楽曲が流れていて、子供に「お父さん、嬉しいやろ~」と言われてしまった。

今の時季に合うメロディーだし、ブラジルでのオリンピックが近いからかも知れないな~。