読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただびとのブログ

北陸に住む2児の父親が書く、日々の暮らしや子供との遊びをより楽しむヒント。きっと何かの役に立つかも。

海で貝殻拾いと砂遊びに夢中になる

子育て

きのうは僕・妻・子供たちの4人で、家から少し離れた公園に出かけた。海の近くにあり、そこには大きな遊具がある。

ひとしきり遊んだあと、公園から見えた海に「行ってみよ~!」ということになり、みんなで向かうことにした。

 

ちょっとくもり空だったが、久しぶりに見る海の景色が目の前に広がる。

f:id:tadabito:20140814055726j:plain

 

こういう場所に来るとやっぱり、いろいろ探索したくなってワクワクしてくる(どうも子供っぽい)。

満潮のときの波のあとに沿って、たくさんの貝殻が砂浜に打ち揚げられているのを発見する。

少し見えにくいけれど、すごい数の貝がら!

f:id:tadabito:20140814052810j:plain

 

すこし近づくと……。

色、形、大きさもさまざま。何の貝だろう?

f:id:tadabito:20140814052937j:plain

 

こんなきれいな形のものもああった。

f:id:tadabito:20140814053117j:plain

 

長女は貝殻拾いに夢中になって、たくさん集めた。

父(私)は砂の上に貝がらで絵を描いてみることにした。ほら。

f:id:tadabito:20140814053412j:plain

にこにこ。

 

いつも一人でちまちま、じっくりと遊ぶ次女は、広いお砂場(砂浜)で砂をこねこね。

お山を作ったり、謎の物体をこしらえたりしていた。

父も負けじと、すなだるま(そんなものがあるのか)を作る。

f:id:tadabito:20140814053945j:plain

ちょっとこわい感じになった。

 

だんだんと波が高くなってきたので、帰るよ~と親が言うと、いつもの「やだ!」「まだ遊ぶ~!」攻撃。

あーだこーだと言いくるめて車のある場所まで連れていく。

 

結局、子供たちは波打ち際でびしょぬれ、砂だらけになるが、思いつきで海に寄っただけ(見るだけと考えていた)なので、片付けるための準備は何もしていない。

ほうほうのていで家まで帰るのだった。

 

長女がひろった貝がら。宝物が増えた。

こうしてみるとたくさん。

f:id:tadabito:20140814054705j:plain

 

マトリョーシ貝(?)。

f:id:tadabito:20140814054814j:plain

 

目的だった公園より、思いつきの海のほうが思い出になった。

また晴れた日にでも、海水浴場に行ってみよう。