読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただびとのブログ

北陸に住む2児の父親が書く、日々の暮らしや子供との遊びをより楽しむヒント。きっと何かの役に立つかも。

クレジットカードで節約。普段使いや公共料金の支払いにおすすめな楽天カード

f:id:tadabito:20151114072509j:plain

僕はしばらく前まで、普段の買い物には現金を、電気料金など光熱費や携帯電話料金の支払いには口座振替を使っていた。

しかし昨年(2015年)あたりから考え方を変え、公共料金の支払いで可能なものはクレジットカードに、普段使いはデビットカードかクレジットカードにした。

理由として一番大きいのはやはり、ポイントが貯まるというところ。

収入が少し減り「お金を節約しなければ」という思いから始めたのがきっかけで、僕としては、ポイントが貯まりやすくて利用しやすい「楽天スーパーポイント」に集約するため、楽天カードや楽天銀行デビットカード(JCB)を活用するのがおすすめだと今のところ考えている。

 

楽天カードと楽天銀行デビットカード(JCB)のポイント還元率は

通常時のポイント還元率はいずれも1%(100円で1ポイント。1ポイントは1円分)。

支払いが1%分の割引になる計算。

クレジットカードによっては標準のポイント還元率が1.2%、1.5%ともう少し高い会社もあるけれど、以下に書く目的から楽天カードと楽天銀行デビットカード(JCB)を僕は使う。

 

「楽天スーパーポイント」に集約する

どこの「おすすめクレジットカード○選」というウェブページでもだいたい見かけるのが楽天カードで、楽天スーパーポイントの良い点は小細工しなくてもポイントが貯まるところ。

ポイント還元率も高い部類に入るし、集約することでまとまった買い物にも使いやすくなる。

楽天市場をはじめとした楽天のサービスには、ショッピングサイトがごちゃごちゃして見にくいとか、メルマガがどんどん増えていく(購読がキャンペーンに参加する条件となっていることが多い)などのデメリットはあるが、すでに書いたほかにも以下のようなメリットを持っていて、何よりもポイントが貯まりやすいし使いやすいのは節約するのに大きな点だと思う。

 

楽天カードを持つ

楽天カードはいつも、新規入会・利用で楽天スーパーポイントをプレゼントするキャンペーンを行なっている。

平日はだいたい5,000ポイントだけど、土日は高めに設定されていることが多い。

僕の申し込み時は8,000ポイントだった。

tadabito.hateblo.jp

tadabito.hateblo.jp

tadabito.hateblo.jp

 

楽天銀行デビットカード(JCB)を持つ

楽天銀行デビットカードのブランドにはVisaもあるが、ポイント還元率が1%なのはJCBのみ。

デビットカードはクレジットカードのように支払いが後回しにならず、紐付けされた預金口座の残高からすぐ引き落とされ、お金の管理をしやすいのがいい。

普段使いにおすすめ。

tadabito.hateblo.jp

 

楽天ポイントカードを持つ

楽天カードと楽天銀行デビットカード(JCB)は代金の決済によってポイントが付くのだけれど、楽天ポイントカードは加盟店で提示することによりポイントが発生する。

加盟店はコンビニ(サークルKサンクス、ポプラほか)やガソリンスタンド(出光ほか)、ドラッグストア、家電量販店、飲食店(ミスタードーナツほか)など様々。

クレジットカードが使える加盟店なら、楽天ポイントカードの提示と、楽天カードまたは楽天銀行デビットカード(JCB)による決済で、楽天スーパーポイントを二重取りできる。

tadabito.hateblo.jp

 

ちなみに、サークルKサンクスの+K(プラスケイ)会員に登録しておけば、商品の割引・無料クーポンをもらえる場合がある。

tadabito.hateblo.jp

 

出光のガソリンスタンドでは、出光キャッシュプリカを使った決済で、ガソリン代の割引を受けつつ、楽天スーパーポイントを貯めることが可能。

tadabito.hateblo.jp

 

キャンペーンに参加する

キャンペーンにエントリーして商品を購入したり、楽天のサービスに申し込んだりすれば、「ポイントが○倍」とか「○ポイントをプレゼント」という機会を利用する。

僕はちょうど自動車保険の更新時期に重なったので、楽天自動車保険一括見積もりのキャンペーンに参加した。

tadabito.hateblo.jp

 

あと細かい点では、楽天スーパーポイントを使っての買い物でもポイントが貯まるのはいい。また基本のポイントに有効期限がないのもメリット。

 

普段使いや公共料金の支払いでポイントはけっこう貯まる

楽天カードも楽天銀行デビットカード(JCB)も代金を決済してポイントを貯めるのだが、1回の買い物ごとにではなく、1か月の利用額を集計して基準日にポイントを付与するから、金額の端数が無駄にならない。

これらカードに普段使いや公共料金の支払いを移していったところ、毎月けっこうポイントが貯まるようになった。

わが家では、貯めた楽天スーパーポイントを使って楽天市場からお米を購入し、食費を節約している。

tadabito.hateblo.jp

 

一番の節約は無駄な物を買わないこと

一番節約になるのは要らないものを購入しないことだと思うけど、公共料金の支払いなど固定費や、食費をはじめ毎日どうしても必要な出費もある。

そんなときにクレジットカードやデビットカードを利用したことによるポイントを用いて、支出を節約できるのはとてもありがたい。

楽天カードや楽天銀行デビットカード(JCB)で貯まる「楽天スーパーポイント」は、貯まりやすくて利用しやすいからおすすめ。